スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホルムズ大投資戦

2011.11.01 (Tue)
仕事を終え帰宅してDOLを起動すると、ホルムズで大投資戦が勃発。
そういえば、大投資戦で私掠をしたことがないな

東アジアから快速艇でペルシャ湾へと移動を開始するも、シードが複数人現地待機していたので早々に退却。

道中、ポルトガル国籍の戦列艦(砲術家)に襲撃される。
水平、弾道、貫通を発動してのカロネード砲撃に横で被300DMG程度
このままでは耐久磨耗が激しいなと、通常弾防御を発動しつつ相手に接舷して甲板戦に持ち込もうと思った矢先
通常弾防御を発動したのを知ると相手はそのまま戦線離脱。

その後、Pモードで海事をしている装甲戦列艦は捕捉
本来、海事修行をしているものとしてはこの私掠行為はひどく迷惑ではあるが、一度ぐらいは襲わせてもらうかとアイアンサイズの速度を活かして後ろから追い越してから頭を取っての襲撃。
そのまま白兵に入り相手が2度通常撤退失敗したところの3ターン目で甲板戦へ突入。
甲板20
甲板21

相手が意外と甲板戦装備だったことに驚きながらも、相手にとって不足なし。
・・・だと思ったものの
相手は撤退ボタン連打しながら、回復アイテムを使いつつ逃げの一手。
テクニックを貯めて回復されながらもチェインで撃破。
甲板23

正直、あれだけ粘られるのなら絶対回避を挟まれたら間違いなく仕留め切れなかったなと。
逆に相手が攻撃に転じてきていたのなら甲板に突っ伏していたのは自分だったのは間違いないですね。
改めて装備の重要性について認識させられる1戦でありました。
改良ゲルンステイスルを収奪したので、返そうとするもPモードだったのでトレードできず。そのまま寄港。

東南アジアで私掠活動するかなと船を進めていたら、まさかの東南アジア安全化アナウンス
私掠活動終了

ということで、そのままダンジョンへ向かい就寝。
トラックバックURL
http://tiedol.blog87.fc2.com/tb.php/616-859a119a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。