スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マウス

2008.10.11 (Sat)
少し前にCafe脳筋のP(哀属性)さんから10ボタンもDOLで使用するのかと聞かれたので、今更ながら画像を踏まえて説明
使用しているのは、Logitech(Logicool)社のMX-1000
元祖レーザーマウスです。

①左クリック
mouse1.jpg

②右クリック
mouse2.jpg

ここまでは従来のマウスと同じです。(当然といえば当然ですが・・・)

③ズーム(ホイールボタン押し込み)
3ボタンは設定しておりません。
理由は9.10ボタンに影響してくるからで、9.10ボタンの割当てについては後で説明
mouse3.jpg

④キーストローク F11
ショートカットでF11をスキルウインドウ設定
mouse4.jpg

⑤キーストローク F12
ショートカットでF12をアイテムウインドウ設定
mouse5.jpg

⑥キーストローク Enter
大砲発射用
mouse6.jpg

⑦キーストローク Ctrl+Insert
帆1段階UP
mouse7.jpg

⑧キーストローク Ctrl+Delete
帆1段階DOWN
mouse8.jpg

⑨キーストローク Left
舵入力(左)
mouse9.jpg

⑩キーストローク Right
舵入力(右)
mouse10.jpg

といった感じです。
このマウスを愛用している理由は、ボタン配置ですね。
帆調節と砲撃を親指ボタンで行って、操船は人差し指と中指で操作できます。
左手はキーボードのF8固定
帆調節と砲撃が操船と独立して行える分
舵を入力しながら砲撃や帆調節といった行動のとき、一連の動作のタイムロスがなくなります。
アイテムとスキルウインドウは開くまでに少し時間がかかるので、人差し指と中指操作でも問題ないかなと。
9.10ボタンにキーボードの左右を登録しているのは、チョン押しによるクリティカル回避のためです。
ダブルクリックして舵を切る場合、「海面」をダブルクリックする必要があり、近くに敵味方の船などがあると、その船をダブルクリックしないように思考する分だけロスが生じます。
そのロスを無くすための左右登録です。
しかし、ダブルクリックと違い正確に意図した進路を取りづらいので、あくまで緊急回避用ですね。
あまり多用することはありません。
よく使うのは目を離している隙に座礁しそうになって押すとか(ぉ

ここで3ボタンに設定をしないのは、9.10のキーボード左右を誤入力しないためです。
無駄に舵を切ると船速度が下がってしまいます。

ここまでMX-1000の説明をしましたが
価格.comでも評価の高いマウスではありますが、すでにMX-1000は生産販売が終了しております。

もしものときのために代わりのマウスも考えて調べてみたら
型式では後継機のMX-1100なるものが出ているようです。
一応10ボタン(親指3個、他7個)あるようですが、ボタン配置が悪いとか割り当てが全ボタンにできない等レビューが載ってます。
こればかりは自分も使用してみないと、オススメはできませんね。
トラックバックURL
http://tiedol.blog87.fc2.com/tb.php/60-d6a10891
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。