スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戻りました

2011.07.23 (Sat)
震災支援の応援業務の期間も終わり、戻って参りました。

陸戦に関するアップデートがありましたね。
ぼちぼちやっていこうかなと思いつつも、乙鯖の決闘屋として有名なアルトリアさんがまとめてくれているので参考になります。

ざっとやった感じですと、レスポンスが早くなったということですが、まだコマンドを受け付けないタイムラグが残っているかなといった印象。
しかしそれは海戦のスキル発動でも同じことが言えるので、レスポンス以前の問題なのかなと。

コロッセウムに関しては、1万点ほど稼ぎましたが特に交換するものもなし。
メモリアル対象が出る箱もあるようですが、中身も週替わりのようなので剣闘士の称号の効果が判明してからまったりいこうかなと思ってたり。

オリジナル奥義も作ってみました。
org奥義

最初わからなくて、①→②→③→④→⑤と順番にテクニックを使うと奥義が自動発動するものだと思ってましたら
これは新しいテクニック札として追加されるだけなんですね…

オリジナル奥義作成にあたり気をつけた点は3つ

・消費ゲージは100未満
・必要Rankは低め
・追加効果は発動率を重視

銃R1+投縄R1+アイテム強化R1~3

で、必要ゲージ80、必要Rank3、麻痺発動率A、麻痺効果時間B

コロッセウムのNPCに使用して、180DMGの麻痺13秒

弓R3の毒付加が必要ゲージ90なのでR3テクニックの麻痺付加攻撃として使えないこともないかなと思います。

オリジナル奥義の作成にあたって自分なりに感じたことは
基本テクニックは消費ゲージが低いものを選択する事ですね。
基本テクニックを消費ゲージが高いものにしてしまうと、さらに追加すると必然的に高くなってしまいます。

私のように付加効果がついた攻撃テクニックにした場合

①基本テクニック
消費ゲージの低い武器テクニックを選択

②付加効果のあるテクニックを追加
麻痺、毒、裂傷、足止めなど

③発動率と威力の強化テクニックを追加

といった感じですかね。
投げ縄を強化したオリジナル奥義も作ってみました。
失敗例
org1奥義
発動率と効果時間は上がりましたが、範囲が70程度しかないので罠R3のボーラを使用した方がよさげ

範囲を広げようと思うと、それに特化した構築をした方がよさそうですね。
org2奥義
効果時間がDと短いものの、範囲は範囲アイテムテクニックR3の90を凌ぐ120
効果時間次第ですが、艦隊戦において複数人に対して隙を作れるテクニックになればいいかな…

効果時間を少しでも延ばした例はこんな感じ
org3奥義
範囲が115と狭まったものの、効果時間はC

一つ我儘を言わせてもらうなら、これがR3でなくR2以下であれば…と思うんですが
ゲージがR3まで伸びるような状況を想定してオリジナル奥義を構築するしかないですね。

一応、R2でもこんな感じで作れないことはないのですが、発動率Bの確率がちょっと不安だったり。
org4奥義

トラックバックURL
http://tiedol.blog87.fc2.com/tb.php/576-e72db219
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。