スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業務連絡

2011.02.14 (Mon)
とりあえず、業務連絡っぽいんですが
プレオープンの商会設立からありましたロンドン商会の『Bar_Like_a_Child』のアカウント数が5名を切り
商品の出展ができない状態となっております。
売上げ金は回収できるので商会が消える前に出展しているものを自分で購入して売上げ金を回収しておくのも手だと思います。



大航海時代開始当初はこの商会でお世話になり
今のCafe_de_Genova商会に入ってからは、英国籍の2ndを入れてましたが
維持が困難な状況に直面しているので、他の商会への加入を考えております。
まぁ今のCafeに入れてしまう。というのも一つの手ですが
なにぶん2ndなので、メインのチェのようなフットワークがありません。
ロンドン⇔チュニスの往復はやや辛いものがあるなということで、ロンドンの商会を探すことにします。
本当にチェがメインで、2ndを動かすときは縫製品を作るときぐらいなので
ショップ商会や倉庫商会になると思いますが。

あとは乙鯖のアルトリア・アーサーさんのBlogを見ていて良いなと思った記事を真似て
私の意見でも書いてみます。
まずはアルトリア・アーサーさんの記事

実際検証されて、投げナイフと弓が同じ速度という情報は助かりますね。

あとは私の経験論による個人的な印象


対応スキル:応用剣術、剣術
優遇職:海事
得意テクニック
剣赤剣青剣黄

所感
射程は50と短いが、全色のテクニックにボーナス付く。
銃vs剣や槍vs剣で足を止めて殴りあったところ、剣テクニックの威力が高く感じられた。
銃や槍にも得意テクニックは存在するが、一色だけなので出てくるテクニックの種類に影響されやすいが
剣はその影響を受けない事がメリットだと考える。

戦術論
足を止めて殴りあいと強い剣を活用する為には、麻痺や石化、足縛りといった効果が有用と考える。
艦隊戦では集中攻撃の指針役とするのも良い。


対応スキル:応用剣術、剣術
優遇職:海事
得意テクニック
槍

所感
応用剣術に対応する武器の中で射程70と長い。
技巧上げでパワーテクニックを使用したときの威力が異様に低く感じられた。
射程が長い為、逃げる相手を追い込むのに便利で通常攻撃を主軸にできるのでゲージ管理をし易い。

戦術論
射程70は思ったより長く、使いやすい反面
一部テクニックの威力が心もとないので、テクニックを多用するより
アイテムを絡めた通常攻撃が粘り強いと考える。


対応スキル:狙撃術、銃撃
優遇職:海事、交易
得意テクニック
銃

所感
クリティカル発生率が高く、命中率が低い、さらに攻撃速度は全武器で最も遅く
新仕様の陸戦になったとき、最も使えない武器候補だと思われた銃
新仕様導入当初から、銃といえばチェだよねとワケワカメな固定観念をもった人の意見を聞き入れて続けてきました。
当初はテクニックやアイテムを使用した場合、攻撃ディレイを消化できるシステムを利用して攻撃速度の遅さは
通常攻撃→テクニック→通常攻撃→アイテムA→通常攻撃→アイテムB→通常攻撃→テクニック→通常攻撃→アイテムA→通常攻撃→テクニック→通常攻撃
の7連撃で対応していましたが
その後、テクニック数によるテクニック補充スピード強化の追加パッチにより、テクニックのみで繋ぐ事ができるようになり、やっと存在感がでてきた武器

この武器を十分扱うためにはテクニック数を増やして補充スピードを強化することが前提となります。
あとはテクニックを多用することでゲージの消費が激しく、回復したいときに必要ゲージが足りなかった。
という事もあるので、ゲージ管理が難しい武器となります。
一言で言えば上級者向けでしょう。

戦術論
攻撃速度が遅いため、通常攻撃を主軸とした戦術より、アイテムや射程を利用した戦い方となる。
艦隊戦では相手の攻撃対象を自分のみにする挑発状態にすることで、相手の集中攻撃のリズムを崩しやすい。
射程が長いため、通常攻撃とテクニックを混ぜた攻撃も続きやすい。

投げナイフ
対応スキル:投てき術
優遇職:海事、冒険
得意テクニック
投げナイフ

所感
攻撃速度が全武器の中で最速クラスだが威力が低め
とにかく手数勝負でアイテムやテクニックといった要素を上手く活用できるのかなと思ってましたが
投てき術カンスト、100武器に攻撃力UP防具といった具合で攻撃濁にすれば、これがまた意外と痛い
さらに手数が多いので手に負えません。
粘着油で手数を抑えてもかなり苦しかったです。
逆にいえば良い装備を用意できなければ、微妙な感じが否めないか。



ここで何故攻撃力重視がいいのか説明しますと

攻撃力100で2回攻撃できる武器
攻撃力180で1回攻撃できる武器

どちらが多くダメージを与えられるでしょう?

この場合、前者の攻撃力100で2回攻撃だと思うのが当然でしょう

では、攻撃対象の防御力が50あったらどうなるでしょう

(100-50)x2=100
(180-50)x1=130

あら不思議、攻撃力180で1回攻撃の方が与えるダメージが多くなりますね。
これが手数が多いけど威力が低い投げナイフの仕掛けです。

では、ここに両者攻撃力を+50してみましょう

(100+50-50)x2=200
(180+50-50)x1=180

逆転しましたね。
これが投げナイフを十二分に活用する戦術となります。
つまり、手数の多い投げナイフは攻撃濁にすれば強い
ということです。実際、計算式がどうなっているかはわかりませんが。
ちなみに補正値という考えでいった場合でも同じになります。

戦術論
攻撃力重視の装備がよさげ
高い火力と手数の多さでとにかく相手に圧力をかける。
通常攻撃を主軸に戦えるのでゲージ管理も容易
装備の敷居は高いが槍と同じ戦術が効果的か。


対応スキル:狙撃術
優遇職:海事、交易
得意テクニック
弓

所感
前述した投げナイフが投てき術スキルの武器なら、狙撃術スキルの投げナイフがコレになります。
乙鯖のアルトリア・アーサーさんのBlogで検証された結果によると、弓も会得度やスキルが高ければ投げナイフと同速度で攻撃できるとのこと
wikiの情報は昔、攻撃速度の検証をされた方のBlogを拝見したことがありますが
その方は投てき術系専門だったので、おそらく会得度の概念が入っていなかったと思います。
そしてその情報がそのままwikiに転記された感じですかね。
投げナイフと違う点は、射程が120と投げナイフの射程100より長いこと
それなら投げナイフより弓がいいの?
ということになると思いますが
攻撃100の弓を用意するのは攻撃100の投げナイフを作ることより大変なんですよね・・・
あとは実際、攻撃濁装備な弓を相手にしたことがないので、実際のところどうなのかはさっぱり

戦術論
投げナイフと同じなので割愛

斧、杖に関しては決闘をしたことがないので割愛します(ぉ

で、最終的にどの武器が一番強いの?と聞かれると答えられませんね。
各武器それぞれに状況に応じたメリットがありますから。
あえて挙げるなら装備の入手性や扱いやすさで癖がないのは槍ですかね。
トラックバックURL
http://tiedol.blog87.fc2.com/tb.php/529-344ec4a8
トラックバック
コメント
いよいよアップデートは来週に迫りましたが、陸戦の大きな変更はなさそうですね><
来週に仕様変更のチェックも含めて攻撃速度も再度みるつもりです
ナイフと弓を比べると職業によって戦術が大きく違ってくるのですが、アイテム等を使わず武器だけの性能でみた場合は、得意テクニックの差でナイフの方が有利かと思います
通常攻撃で比べた場合は、攻撃力が同じであればダメージも同じ位ですが、弓はMISSすることはありますが、クリティカル率は遥かに勝っています
あと、得意テクニックは槍とナイフがクイックで、弓がフェイントだとおもいますが色が逆になっているかも?
あるとりあ | 2011.02.16 20:26 | 編集
>あるとりあさん
そうなんですよね。自分も得意テクニックについてはあるとりあさんと同じ考えだったんですが、某PBを見てみると
槍/投げナイフがフェイント、棍棒・杖/弓がクイックになっているんですよ・・・
で、今よく見てみてたら
クイック:通常攻撃のクリティカル率UP
フェイント:一定確率で通常攻撃が2連撃
と書かれてるじゃないですか。これ誤植すぐr
チェ | 2011.02.16 20:47 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。