スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決闘考察

2010.11.19 (Fri)
陸戦仕様変更-決闘を通じての所感

混乱石化の必要ゲージ・再使用可能時間増加

交易職で混乱や石化、回復の構成を考えた場合
ディオニソスの酒
必要:90
再使用:48.7sec

陶酔の酒
必要:75
再使用:37.5sec

泥酔の酒
必要:60
再使用:22.5sec

メデューサの呪薬
必要:113
再使用:75sec

開始時のゲージ100、、ゲージが3/sec増えるとして考え
初手:ディオニソスの酒を使用(-90)残り10
効果時間23秒(23x3=69)残り79

2手目:陶酔の酒を使用(-75)残り4
効果時間17秒(17x3=51)残り55
攻撃を当てることで、ゲージ回復に補正がかかるので、残り60と仮定し

3手目:泥酔の酒を使用(-60)残り0
効果時間11秒(11×3=33)残り33

で手詰まり
23+17+11=55秒
1分弱相手のアイテムとテクニックを封じることができるものの、自分が使うテクニックまで手が回らない為、初手の混乱だけが精一杯か。
1分弱で通常攻撃のみで倒しきれるなら有効ではあるものの
相手が動き回れば、常時攻撃が当たるわけでもなく
相手の通常攻撃が上回っていた場合、逆に自分が不利な状況に立たされるのは明確

混乱、石化の使用タイミングは相手がテクニックを乱打して勝負を決めに来るタイミング(HPが半分以下になった頃)や
こちらが勝負を決めるために相手の回復手段を封じるときに使用するのがベターかもしれません。
ここぞという時の為に温存しておくアイテムと考えます。

私自身はアイテムを温存して4枠の内1枠を消費するのは、非効率だと考え
混乱や石化をアイテム登録しませんでした。


単体回復の効果UP

医神の神薬の効果が200→350に増えました。
今までだと、200回復しても、アイテムを使用するまでの時間と消費ゲージ=攻撃を受ける回数を考えると
200回復をする恩恵がありませんでしたが
今大会でALL回復+罠テクニックといった構成で持久戦を制した方がいたように
単体回復の複数種登録も捨てたものではないと感じました。
大抵、HPが半分を切ったぐらいから回復をするので、350回復は振り出しに戻せていいですね。


テクニック補填速度短縮

最短5秒(6秒)になったことで、攻撃速度の遅い銃でも1vs1の状況で活躍できるようになったものの
逆にテクニック補填速度を短縮している人とそうでない人の差が開きすぎた感じもします。
この差を埋めるには、如何に相手の攻撃を防ぐかになりますが

【混乱】
逃げて混乱が切れるのを待つ
混乱が切れたときは、裏も含めて5枠テクニックが存在し、テクニックの応酬を受ける危険性大

【その他】
異常状態回復を使用

【麻痺/石化】
効果が切れるまでに倒しきる必要あり

異常状態回復対策の対策を考えるなら
目潰しx2登録といった事も考えられますが
異常状態回復は必要ゲージ、再使用可能時間が少ないので
コスト的には不利には変わりません。
スペック的な差をアイテムでカバーするには限界がありそうです。
陸戦屋なら、テク数70~75個は必須になりそうな予感。
トラックバックURL
http://tiedol.blog87.fc2.com/tb.php/498-4cee2879
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。