スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国ダンジョン

2010.11.07 (Sun)
楽山大仏を発見
daibutu.png

とまぁ、当然この後はダンジョンに潜るんですが

とりあえず、冒険2/交易9/海事70でのテクニック補填数は6秒でした。
これが上限6秒の噂の真相かなぁと思いつつも計算式が
20-冒険/10(端数切捨て)+交易/10(端数切捨て)+海事/5(端数切捨て)だった場合、6秒短縮になるので
あと1個交易テクを覚えるか、5個海事テクを覚えてからでも遅くはないなと。

中国ダンジョンの印象は
上層は石化と狂戦士に注意すればクリアできました。

中層は仕掛け矢が結構飛んでくるので、防御をガチガチにしても40前後の貫通DMGなので体力には気をつけるべし
ここは紅毛城のように狙撃ハメができる地形です。

深層はCafeのPTで参加
狙撃ハメができる地形ですけど、仕掛け矢の受ける攻撃の数が半端ないのでここも残り体力に注意しながらやらないと転がされます。
「仕掛け矢」
についてですが、ソロダンジョンで回数を重ねた感想は

何この自己主張の強いテクニックはwwww

ですね。
海事職なのに5/7が仕掛け矢連続出現とか
仕掛け矢をキャンセルしたら、また仕掛け矢がでてきたりとか

正直邪魔ですね・・・ふつくしくない

いらないテクニックを覚えてしまった人は、テクニック補填速度を短縮してやるしかない
と思ってましたが
さすがに7回中5回もでてこられると、げんなり

是非とも、テクニックの再構築ができるシステムを導入してもらわないと、陸戦を続ける意欲が持続できません。
トラックバックURL
http://tiedol.blog87.fc2.com/tb.php/495-b46cecb9
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。