スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カウンター戦術

2010.11.01 (Mon)
商会茶にて
攻防戦術書を使用した状態で、R3テクニックを使って
紅毛城のNPCに500DMGをはじき出したという情報有り。

状況を把握するに、R3テクニックで500DMGをはじき出した要因はカウンターのようです。

カウンターとは
パワー>クイック>フェイント>パワー

といったテクニックの3すくみシステム効果で
例えば相手がクイックを使用した後、一定時間内にクイックを使用した相手にパワーを当てるとカウンター判定が入るというもの

カウンターの効果は
・対象のChain効果を切る
・威力UP

といった感じですが
この威力UP
導入当初はあまり恩恵を感じられなかったんですね。
体感、1.5倍・・・1.2倍か

それが最近、このカウンターの効果が修正されている気がします。
NPCに対して、R1テクニックを当てて50-100程度ですが
カウンターだと200ほど出ます。

体感で2倍ぐらいかな。

威力UPの効果を上げる意図を推測すると
カウンター効果に意義をもたせないと、3すくみシステムによるゲームバランスが成立しないからだと思います。

というのは、カウンターが機能しなければ
『各武器固有のボーナステクニックのみ習得して、その他は無視してよい。』
といった偏った構築をしたステータスが有利になるからですね。
例に挙げると、槍の場合クイックにボーナスがあるのでクイックのみ習得してパワーとフェイントを一切習得しない。
そうすることで、クイックしか出てこないのでチェインをかけることが容易となる。
ということです。
そうならない為にも、カウンターは機能しないといけない要素の1つと言えるでしょう。



これにより、テクニックのカードを切る戦術が出てくるわけですが

【攻め】
テクニック枠内全て同色で揃えて、チェインによる威力UPを図る。

例)
クイック→クイック→クイック
パワー→パワー→パワー
フェイント→フェイント→フェイント

結果
自分:3チェイン

【受け】
テクニック枠内3色揃えて、カウンター体制を取る。
パワー・クイック・フェイント

例)
相手がクイック→クイック→クイックを狙ってきたのに対し、パワーで対抗する場合
クイックxパワー(チェイン切れ)→クイック→クイック

結果
相手:2チェイン
自分:カウンター

【誘い受け】
相手がカウンターをすると見越して、対象テクニックを誘う
クイック・フェイント・フェイント

クイックxパワー(チェイン切れ)→フェイント→フェイント
結果
相手:カウンター
自分:カウンターチェイン

【総受け】
複数人同士での戦闘では、複数人で1人を集中攻撃した方が最も効率が良い。
そこで総受け対策として挑発が有効で
集中攻撃を受ける対象でない場合、相手に挑発を行うことで集中攻撃を受ける対象の負担を軽減できます。
銃や弓といった長距離武器が有効。

といったことも考えられるんですけど
一応、上記の戦術に対する対策も当然あるわけで
色々考えていたら、混乱ハメはなくなったものの
混乱の使い勝手が悪くなると、結局のところ
混乱石化禁止ルールでやったDearlt、グオー流の構成が有利だなと
現段階では思ってたりします。
しかし、銃の可能性を調べたいのであえて銃でいくつもりではありますが・・・

※ちょっとヤオが入ってるのは気にしてはいけません
トラックバックURL
http://tiedol.blog87.fc2.com/tb.php/489-450d6ccc
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。