スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決闘大会抽選賞品

2009.11.05 (Thu)
抽選賞品
1.記念ロット100枚
2.名匠の仕立て道具30個
3.名匠の仕立て道具30個
4.名匠の仕立て道具30個
5.名匠の仕立て道具30個
6.名匠の仕立て道具30個
7.名匠の仕立て道具30個
8.名匠の仕立て道具30個
9.沈没船の断片地図100枚
10.沈没船の断片地図100枚
11.再仕入発注書詰合せ(各カテゴリー100枚)
12.再仕入発注書(カテゴリー1)200枚
13.再仕入発注書(カテゴリー2)200枚
14.再仕入発注書(カテゴリー3)200枚
15.再仕入発注書(カテゴリー4)200枚
16.金のタロット8枚
17.金のタロット8枚
18.金のタロット8枚
19.金のタロット8枚
20.名匠の鍛冶道具10個
21.名匠の鍛冶道具10個
22.名匠の鍛冶道具10個

参加賞品
名匠の鍛冶道具&名匠の仕立て道具

抽選賞品をどうしようか悩んでました。
性別制限がある装備品だともらって喜んでもらえるかどうか微妙だったりするので
無難に消耗品で統一することにしました。
あとは数量もできるだけ参加者&見学者に行き渡るように調整しました。
名匠の仕立て道具200個も考えましたが、1個人が200個も使い切るかと考えれば怪しいですし
再仕入れ発注書を999枚渡そうとしても、トレードを複数回する必要があるので、200枚上限にしました。
まぁ抽選賞品が22個あれば、ほぼ全員に行き渡るかと。

総額で幾らでしょうね…
名匠の仕立て道具を400kとして
400k*210=8,400万

沈没船の断片地図を400kとして
400k*200=8,000万

再仕入れ発注書
C1が15k、C2が35k、C3が90k、C4が70kとして
(15+35+90+70)*300=6,300万

名匠の鍛冶道具を1000kとして
1000k*30=3,000万

金のタロットと記念ロットは時価でしょうが
金のタロットの生産コストを1000kとして
1000k*32=3,200万

記念ロットが1000kとして
1000*100=10,000万

8400万+8000万+6,300万+3,000万+3,200万+10,000万=38,900万

総額約4億㌦でしょうか。

ちょっと出費が大きいですが、旧仕様最後の決闘大会なので奮発します。

あとはレギュレーションを行います。
店売りであれば、どのアイテムの使用も許可していましたが「狂戦士化」アイテムの使用を禁止します。
理由として、高Rankの陸戦スキルを有した人が使うと火力過多になってしまう点です。
ここぞという時に逆転を狙った火力UPは絵になりますが
空気を読まないで序盤からいきなり狂戦士化をする人がいるので(特にバレ子とかバレ子とかバレ子とか)
火力はFAで自身のATKを上げるか、相手のDEFを下げて対応してください。
トラックバックURL
http://tiedol.blog87.fc2.com/tb.php/333-1a8037a6
トラックバック
コメント
大決闘の連絡掲示板にも書いたのですが、
いくつかレギュレーションミスがあったので、こっちも書いておきます。
①中距離最強武器
×クマ(23、ベイルート) ○ジラハ・ボック(24、バスラ)
②イスタン店売りのジャーリヤドレスとか、カリカット店売りドーティは
攻撃力がついているので、店売り限定のつもりで着てくると規定攻撃力オーバーで失格に・・・。
攻撃力装備(店売り)についてコメントお願いします~
③エクゼキューショナーズ(ナッソー・ホロ店売り)は禁止でいいですよね?
アルル・ミリアルド | 2009.11.05 20:35 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。