スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新三国祭り

2008.08.28 (Thu)
日曜日に開催された新三国イベント
スケジュールは以下のとおりでした
18:00
1)開会式: 午後6時に開会宣言をします。

【開催場所】アルジェ広場

19:00
2)沈没船論戦大会: 各参加者が一枚の沈没船の断片地図を参加料として支払い、勝者がそれを全て貰えると言う論戦トーナメントです。ポイント制限は100とさせて頂きます。

【開催場所】アルジェ広場

21:00
3)Euros大決闘: 定期的に行われるEuros大決闘がアルジェにて行われる運びとなりました。参加資格はありませんので、新三国以外の方も躊躇無くご参加下さい。今大会の方式ですが:



5人vs5人のパーティーバトル

装備・道具は欧州店売りのみ許可。加工は禁止(竹ボウキ等のネタ装備は可能)

商品は名誉と「Euros新三国一の陸戦部隊」の称号しかありませんありませんが、参加者・見物者から抽選で豪華な賞品を9品提供する予定です(高価な錬金品)。

22:30
4)ファッションショー: 各新三国より一人審査員を招いてのファッションショーを行います。ルールは:



各審査員が1から10まで点数を付けて参加者のファッションを判定。点数がもっとも高い人(およびグループ)が優勝。

個人・団体での参加も可能ですが、商品は個人・グループにかかわらずエントリー毎となりますので、ご了承下さい。

服装のコーディネートだけでなく、持ち時間内でのアピールの巧みさも評価されます。

持ち時間は各エントリー最大2分とさせて頂きます。

賞品はまだ決まってませんが重装船尾楼は確定、その他貴重品を数品追加致します。

参加希望の方は可能な限り22時30分以前に私まで連絡をお願いします(現地にて直接か、Tellにて「プルガティア」まで)。

このスケジュールが公式BBSの新三国のスレッドやその他に書かれていたので、そのときに身内に教えてあげれたらよかったかなと・・・


新三国祭りの様子はといいますと

論戦大会
0808271.jpg
やや参加人数が少なめ
どうなる!?新三国祭り!!

と幸先不安でしたが
0808272.jpg

決闘大会はいつもの決闘の常連仲間も集まってくれて、5人PTが5組もできました。
そして決闘大会を始めて司会をしてたんですが、気がついたらフランスチームに混じって決闘をし(ry
むしろ、手当たり次第決闘をするので司会をする意味がありませんでした。
今大会で錬金術生産品を9品目用意しました。
・黄金の両足 
・黄金の両手 
・放浪者のブーツ 
・ラーの船首像 
・聖女のミトン 
・導きの手袋 
・豊穣の篭手 
・テセウスの篭手 
・セシャトのブーツ

抽選賞品ということで、100面ダイスを振ってもらい、後から私が100面ダイスを振ってその数字に一番近い人が賞品ゲットできるというシステム
先着順だということで、選ばれた錬金術生産品の順序は
①黄金の両足
②導きの手袋
③テセウスの篭手
④聖女のミトン
⑤ラーの船首像
⑥放浪者のブーツ
⑦黄金の両手
⑧セシャトのブーツ
⑨豊穣の篭手
でした。

やや、交易系や海事系が人気があった感じでしょうか
1番目に選ばれた黄金の両足は会計+1ですがハンザ同盟で+5されたり、他の部位のブーストが充実してきたりして重要性が薄れてきた気もします。
ただ、作成コストは一番高いですね・・・必要な液の量がずば抜けてます。

ラストのファッションショー
0808273.jpg

審査員が新三国の各国から1人選出されましたが
フランスの審査員のリサ氏が毒舌担当ということで、かなり笑わせてもらいました。(本人は相当考えるのが苦しかったそうですが・・・)

トラックバックURL
http://tiedol.blog87.fc2.com/tb.php/27-af6639fb
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。