スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大海戦はオスマンお休みです

2009.05.23 (Sat)
タイトルどおり
今月はオスマン票がパックリ割れたので、オスマンは欠席です。

まぁ今度どうなるかですね。
オスマン国籍の人で集まって投票ルールを決めていくか

公式では

・全ての大海戦に連盟国として参加できます(※)。ただし、大海戦の主戦国となることはありません
※連盟投票において静観が選ばれた場合は参加できません

全ての大海戦で連盟国として「参加できる」
この部分をどうとるか
これだけだと、連盟国として投票に参加できるのであって、必ずしも参戦できるわけではない
とも取れるんですが、補足として
※連盟投票において静観が選ばれた場合は参加できません
の文を書き足しているのが致命的でしょうか
これにより、「連盟国として参加できる」という意味が戦闘に参加できるものだと捉えた人が多いのではないでしょうか。

ここはKOEIからの明確な回答が欲しいところでしょう。
最悪現状のままで行く場合、事前広告に誤り(十分な情報提供ができていなかった)があったとして、オスマン→他6カ国への亡命に対するデメリットをなくす処置を行う事も考えられるかも?

ユーザー間で調整を図る事も不可能ではないのですが
契約条件の敷居が高くデメリットも存在する上級者国家なので、連盟に関してはそれぞれの思惑がある上に少人数なので難しいでしょう。
トラックバックURL
http://tiedol.blog87.fc2.com/tb.php/240-e866df27
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。