スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海事用品作りと交易

2009.05.13 (Wed)
模擬を始めると必要になってくるのは、海事用品と資金
英国出身な私がやっている方法を記載しますと

ファフニールの船首像(青銅、木材、琥珀)
大型船尾楼(鉄材、木材)
大型コーヴァス(鉄材、木材)
破壊の大錘(鉄材、木材)
撤収の鐘(青銅)

seisan.jpg

ロンドンでカテ2を連打しつつ、青銅と鉄材(要投資)を積み込み。(ロンドンで鉄材を買えない人はアムステルダムへ、鉱石取引があるならプリマスで青銅を作成するのも手)
オスロでカテ2を連打しつつ木材の購入(ここで、大型船尾楼と大型コーヴァスの作成)
コペンハーゲンで琥珀を用いてファフニールの船首像の作成(多めに作っておいてリスボンでバザー)、余った青銅は撤収の鐘に。
リューベックでタロットを引く(世界がでる可能性有)
オスロで木材を積んで、ロンドンorアムステルダムへ戻り鉄材を購入して破壊の大錘の作成

改良ゲルンステイスル
巧匠の圧延鉄板

改良ゲルンステイスル:オスロで木材、アムステルダムで鉄材と麻生地を購入する(木材100、鉄材50、残り麻生地でゲルン作成回数が50回、大成功率20%として10枚できる計算。足らない麻生地はサントドミンゴで補填)
麻生地を購入する時、イスパニア国籍だとサントドミンゴで購入した方が一度に買える量が多いかも
ウィレムスタッドに投資している人は、丸太を木材、マラカイボの鉄鉱石を鉄材に加工すればカリブで完結することもできます。

巧匠の圧延鉄板:プリマスで石墨、ヒホンで鉄鉱石を購入し、鋼に加工する。本拠地で購入した鉄板を用いて中枢開拓地で作成する。

帰りはジャマイカ、サンティアゴ、サンファンのいずれかで売られている砂金を購入し、ハバナで鋳金作業(要鋳造R13、工芸R5)
生産量が砂金3→金3~4と増えるのと、砂金の相場が良いと3,000㌦を切る金ができるのが強み(大成功率30%で全体で1割増しの計算。砂金を積み込むときは、1割ほど容量を空けて置くのが吉)
あとはロンドンの商会に15,000㌦で出展すれば、錬金術師見習いな人がまとめて購入してくれるので、海事用品を作りながらそこそこ稼げます。

必要なスキルは
鋳造R13、縫製R10、工芸R9、工業品取引、宝石取引、織物取引、鉱石取引(無い場合はバルセロナで鋼を購入)

大砲に関しては、バルセロナが強いですね。
キャノンとカロネードが1箇所で作れてしまうのは、もはや反則
それ以外で作るとなると、ダブリン⇔ヒホンのピストンがいいんじゃないかと。

北欧での活動は、英国や蘭国の人でないと違和感があるかもしれませんが
プレオープンから英国スタートした私にとっては庭のようなものなので、この方法でやっています。
あくまで私個人のスタイルなので、自分にあった方法を取るのが一番でしょう。
トラックバックURL
http://tiedol.blog87.fc2.com/tb.php/234-67401b35
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。