スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おすまーん2

2009.01.22 (Thu)
公式HPにオスマン第2弾の告知がUPされてますね。

栄光の尖兵となるか?脅威の防壁となる?

契約によるメリットとデメリット
オスマントルコと契約を結ぶことで、以下のようなメリットとデメリットがあります。
【 メリット 】
・変装せずにイスラム圏の街へ入れます
・オスマントルコ独自の援軍アイテム(※)が使用でき、バルバリア海賊“ハイレディン”が援軍に駆けつけてくれます
・“ハイレディン”が助言を与えてくれることがあります。助言を得ることによって、航海に関する様々なメリットがあります
・オスマントルコ専用の陸路を利用できます
・オスマントルコ専用のイスタンブール行きの回航を利用できます
・西欧6ヶ国よりも有利な条件でスエズ運河を利用できます
※援軍アイテムは、対人戦、大海戦、バトルキャンペーンでは使用できません

【 デメリット 】
・契約時に人頭税として多額のドゥカートを支払わなければなりません
・契約時に冒険、交易、戦闘の各名声が大幅に減少します
・契約時に悪名が大幅に加算されます
・契約時に元所属国家との関係が“敵対”に変化し、さらにそれ以外の西欧各国との関係も“険悪”に変化します
・西欧6ヶ国との関係が“敵意”から好転しません


陸路が使え、運河利用料金が安くなる以外のメリットはあまり意味ないかな…
NPC援軍も対人戦では使えないようですしね。

逆にデメリットの方が目立ちますね。
悪名8000にあがり
敵対が敵意から下がらない仕様
当分は各国本拠地に入るのに賄賂を取られそうです…



契約するには?
以下の全ての条件を満たした状態で、イスタンブールのトプカピ宮殿にいる宰相“イブラヒム”に話すと“契約”できます。
・オスマントルコとの関係が“親愛”以上
・中南米西岸までの入港許可とパナマ・スエズ両運河の通行許可を持っている
・冒険、交易、戦闘の合計レベルが一定以上である
・冒険、交易、戦闘の合計名声が一定以上である
・爵位が一定以上である
・人頭税を支払うための多額のドゥカートを所持している


オスマントルコとの関係が親愛以上であること・・・まず交信副官が必要というわけですね。
オスマントルコ交信をもった副官でいえば、奇襲と積荷強奪をもったラシードと現ニーナとの交代になりますかね。
地味にニーナは防波もあったり、水平射撃があったりして重宝してます。
なにより
(*`Å´)ニーナヵゎぃぃょ
他の副官でいえば、某自称冒険家Rさんのところの腐ったみかんことシャルロット様かな・・・
でも縫製関係はもってないのでヌルー


その他の特徴
その他、以下のような西欧諸国との違いがあります。
・オスマントルコ専用の爵位に叙任されます
・オスマントルコ専用の船体カラーが追加されます
・全ての大海戦に連盟国として参加できます(※)。ただし、大海戦の主戦国となることはありません
※連盟投票において静観が選ばれた場合は参加できません


画像に緑色戦列艦がUPされてますが、個人的には公用戦列が作れるのなら、初のチーク製戦列艦が造船できるのでは?と思ったりも

西欧とインドを結ぶ海の近道を開通!
Chapter4「Inca」の“カリブ海と太平洋を結ぶ航路開通”の勅命に続いて、Chapter5「Menace of Ottoman」では“地中海と紅海を結ぶ航路開通”という新たな勅命が発布されます。
これまで西欧からインド方面に向かうには、アフリカ大陸南端の喜望峰を回って行く必要がありましたが、この航路によって移動距離を大幅に短縮できます。また、オスマントルコに所属する航海者は、地の利から常に安価な通行料金と短い所要時間で、この航路を利用できます。


まぁ今更なので割愛


絢爛なトルコ装束

AOKでイェニチェリを愛用していた身としては是非欲しいところですな・・・
大筒欲しいよ大筒
長篠の戦いを再現すべく、木柵を作って迎撃しようとしたら投石機で一瞬で粉砕されてナイトが突っ込んできたのは良い思い出



最新鋭のガレー船が登場!

外洋ガレーが死んだ今、何を期待したらいいんだ…



オスマントルコ独自の陸路と回航
@Web課金をしないと陸路は使えないようですし、微妙なところではありますかね…
トラックバックURL
http://tiedol.blog87.fc2.com/tb.php/183-7e7818bc
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。