fc2ブログ

大海戦2日目その2

2008.10.13 (Mon)
2日目は朝から夕方まで大海戦の準備に当って初日で感じた修正点を直すべく、東奔西走しました。

①装甲戦列艦からラ・ロワイヤルへ
えーっと、船は…
アッー!ベルベット織りのためにマスリに潜伏させている2ndがもってるー!

ということで、PF維持も兼ねて朝8:50発の定期船に乗ってジャカルタ経由(ヨーロッパの武器クエ)でマスリパダムへ

②駄名匠キャノンから貫通MAX名匠カロネードへ
船の受け渡し完了後、自走で帰欧し貫通MAXカロネードの作成に励む
魔術師のカードが引けなかったのでかなりかかりましたよ…ええ
昼前から夕方にかけてずっとカロネード作成でした。
火器取引があってイスパニア国籍だとバルパルで作成できるのですが、バルセロナで鋼を大量に購入してダブリンへ。戻るときは大砲と砲弾を大量に作成してバルセロナへの繰り返し
なんとか、貫通MAXが4基、次点の952が1基できたところで夕方になってました。
0810131.jpg


③砲術家から上級仕官へ
ラ・ロワイヤルに乗るからにはやはり白兵優遇職だなと
陸戦で剣術は鍛えてありますしね。
今回はアテネ攻撃でなくてよかったと思いました。(攻撃対象港は16時?以降は入港不可)

④ゲーマーキーボードのドライバインストール
重量砲撃の修正で使用することもないかなと思ってましたが
今回、発動スキルの切り替えが激しいラ・ロワイヤルに搭乗するのでインストールしました。
Pro Gamer Command Unit(4亀記事)
0810132.jpg
利用目的は、Enter長押し+左クリックによる発動スキル即キャンセルのためですね。
以前、マウスのサイドボタンにEnter設定したと書きましたがそちらのほうではEnter長押し+左クリック入力ができません。
昔は、F1~F4もキー設定してこれでバラ撃ちしていました。
ちなみにこの手の製品はこれ以外にもあります。
この製品の総評はほぼ4亀の記事通りですね。
やはり不満点があるとしたら
・キータッチがソフトなので押している感がない。
・モノ自体大きめなので、20ボタン全て使おうと思うと相当な慣れが必要です。
といった感じ

変更した感想

前回の記事にも書きましたが
装甲戦列艦よりもやりやすかったです。
何より白兵離脱した後の加速力が素晴らしいですね。
接弦による敵艦隊のルート妨害も中々面白い。
耐久が高ければ横で沈むことがないので、水平+弾道+回避や貫通、速射といった発動スキルにして砲撃艦として立ち回れるのもGood


やはり妨害持ち副官を優先しているのか、通常弾防御副官を配置している人が少なく初日に比べて撃沈できました。
装填速度、弾速度、射程等キャノンと比べて高いのもGood


砲術家と違い貫通と操舵が非優遇な上級仕官
しかし今回はコマンダー服からマレシャル鎧に変更したので、操舵Rは初日と変わらず(素の操舵Rが12のため)
上級仕官は水平射撃が専門なので、貫通を発動しなければ
コマンダー服+砲術家とマレシャル鎧+上級仕官でスキルによる差はなかったり。
回避が重要な海戦では、上級仕官に軍配ですかね(操舵カンストしてると一概にそうとは言い切れませんが)


ここしばらく使ってなかったので、まだ十分使いきれてません。
発動スキルをクリックしてから、マウスサイドのEnterをつい押してしまいます。
通販で購入した当初は結構使ってたんですけど、気がついたら部屋の隅にあって掃除のときに書籍棚に置いてそのままだったのをおろしてきました(ぉ

で、今日は改良ゲルン帆のために2ndをマスリパダムから戻らせてます。
1.2~2M程度で露店売りを見かけるのですが、自作できる身としてはちょっと手を出しづらいですね。
必要材料が
・麻生地23
・鉄材1
・木材2
なので、木材だけ積んでいけば後の材料は比較的近い現地で調達できるんですよね(ポルトガル国籍は除く)
鉄材と木材合わせて1枚に3個必要なので、300個積んでいけば100枚作成するチャンスがあるわけで商大クリッパーなら、残り600ほどの空き容量に麻生地552枚(23×24枚)をドミンゴで積んでいけばOK
積み込むのにややカテ3を使用しますが、一度に買える量を考えると大成功2割だとしても原価20万Dもいかないかな?

ラストの海戦は参加するべきか、どうかなーな感じ
2日目が終わった後に翌日仕事だから参加するべきかどうかなーな事を言ったら皆も同じ条件だと突っ込まれましたが
旗艦と僚艦では消費する精神力が違うんですっヽ(`Å´)ノ

・処理が重たくなる場所に入ると連携艦隊が近くにいても名前が表示されなくなるので、ズームにして名前が見えるようにして、仕掛けたのをわかるようにしたり
・戦闘終了直後に、連携艦隊の旗艦の位置と進行方向を把握したり
・連携艦隊の船足を揃えるために、帆段階の調節をしたり
・主戦場だといつ戦闘になるかわからないので、積荷の転用をするのも一苦労だったりします。(転用している間に戦闘になって仕掛けチャンスを逃したりする可能性有)
・援軍に入るときも仕掛ける敵が事前にわかるときは、極力すぐに敵旗艦の頭を抑えるように動けるように、仕掛け艦隊が仕掛ける前から予測行動をとったり
・敵艦隊が多くて分断されそうなときは、安全な場所(仕掛け艦隊の後方あたり)にいるようにしたり

そんなことを考えながら援軍旗艦をやりましたが
それでも一緒に連携を組んでくれてるコウさんは、そういった一連の作業をしやすい位置で的確に仕掛けてくれるので、素晴らしい旗艦だと思います。

あと改善点は仕掛けと援軍の合言葉を変えた方がいいかなと思います。
正直あのワラワラいる中で、戦闘終了後に同じ合言葉を見るとどっちの艦隊の僚艦が発言しているのかまったくわかりません…
合言葉が「養殖」なら
「養殖」+「おりびあ」(商会員名)とか

それとどうしても旗艦を継続できない状況も発生するのでサブの旗艦役も事前に決めておくといいかもしれません。
2日目の中型でこちらが仕掛けられたとき、回避+2連弾防御で粘ったものの戦闘終了後に耐久値が350程度まで落ち込んでいたので、Cafe脳筋P(毒舌属性)さんに急遽代わってもらい、その間にせっせと名工連打で修理しました。
あとは明らかにガレーの私を旗艦にしようと仕掛けてくる艦隊もいましたので、2戦目からは戦列艦のサブ旗艦に追従するのも一つの手ですかね
スポンサーサイト



大海戦2日目

2008.10.13 (Mon)
2日目も中大で参加しました。
結果
081012.jpg

今回は中型は作戦用コルヴェット、大型はラ・ロワイヤルで参戦

両船の特徴は装甲が薄くて機動力がある点ですね。
使ってみた感想はやはりこちらのほうが重フリゲートや装甲戦列艦と比較して扱いやすかったです。

作戦用コルヴェットは削剥板と硬化板をつけていたのですが、回避を使わないとまず横キャノンで沈みます。ええびっくりしました。
さらに浸水していると回避を発動していても沈むんですね…
おそらく貫通MAXなんでしょうが、作戦用コルヴェットに乗って撃ち合いになりそうなときは2連弾防御の発動も必要不可欠でした。
とりあえず中型で意識したのは、重量砲撃で敵旗艦の船足を縛ること。接弦はしません。
相手の動きを鈍らせつつ、クリティカルポイントに入れば必然的に舵を切るので自ずと動きを封じれます。

次にラ・ロワイヤルですが
こちらは接弦による敵旗艦の足止めです。
初日は装甲戦列で出たのですが、加速が悪すぎて接弦すらできませんでした。
BCのようなガチだと装甲戦列艦がいいんですけど、やはり海戦だとガレー最高です。
大型で意識したのは、敵旗艦の足止めはもちろん。味方旗艦のケツのガード
意図的に旗艦を狙っている敵僚艦と白兵をすることで、壁になれます。
あとは旗艦の逃走ルートの確保ですかね。
白兵抜けを狙われれると泣くしかありませんが(ぉ

ここで大型の序盤、結構沈みまして
えらい意識外から砲撃がくるなーと思ってましたら
少し前に24インチの液晶を買いまして
中型は1440×900ウインドウサイズでやってたんですが、大型になると一点目視可能範囲が追いついていないことに気づきました…
そして大型は1360×768に変更。
中型で1360×768だと船体が小さすぎてクリックしづらいんですが、大型だと逆に画面がでかすぎても見にくくなるという罠
XPで対応していた1600×900ぐらいがちょうどいい具合だったのですが、Vistaは対応していないようです。

初日、2日目と援軍艦隊の旗艦を押し付けられまして…
前から薄々気づいていたのですが、今回確証しました。
援軍に入る際、薄いサークルと、濃いサークルが表示されますが
薄いサークル内だと援軍に入れません。
つまり
薄いサークル:戦闘エリア表示ライン
濃いサークル:援軍可能表示ライン
というわけですな

そこそこ画像も取っていたので見てみますと商会員同士の戦闘でむごい状況が取れてました。
コレ
0810121.jpg

誰かまいど。さん(旗艦)の護衛についてやれよwww(特にRakogo

まぁ今まで私が野良で旗艦をやるはめになったときもこんな感じでしたが
一人で多人数を相手にできる人もたしかにいます。
しかし旗艦の護衛なしはリスクが大きすぎます。
旗艦艦隊の僚艦はまず護衛に専念し、敵旗艦は援軍艦隊に任せましょう。
しかし、護衛と撃沈の役割を決める時に、ここで連携艦隊は確実に撃沈できるだけのスキルを有した人が各艦隊最低3人必要になります。
そうなると連携艦隊も顔見知りである必要があって~
で、海戦も敷居が高くなりましたね(´・ω・`)
他にも書くことがありますが、長くなるのでここで一旦〆
back-to-top